3月22日公開映画「ソローキンの見た桜」に協賛

“戦争がなければ一緒に眺められた桜”
“戦争がなければ出逢えなかった二人の物語”
(映画オフィシャルサイトより)

日露戦争の時代、愛媛県松山市のロシア兵捕虜収容所を舞台にロシア将校と日本人看護婦の心の交流と愛の史実を描いた感動の日露合作映画「ソローキンの見た桜」にイオス コーポレーションが協賛しました。出演は阿部純子さん、イッセー尾形さんをはじめ、会報誌春号にもご登場いただいた山本修夢さん等。プロデューサーは益田祐美子さん。


映画「ソローキンの見た桜」オフィシャルサイトはこちら