EOS-BP制度の創設

BPがスピーカーを務めるセミナー風景EOS創業当初、全国各地で「会社概要」「商品概要」「ボーナスプラン」「会員規約および関係法令」の4点について語っていただける方々を講師として認定し、情報面・費用面からサポートしていた。それが「EOS-BP制度」の前身である講師制度であった。

講師の方々の活躍により、EOSの活動は全国に広がり、着実に会員数は増えた。しかし、会員数が増えるに従い、ビジネスに本気で取組みたい人、お茶の愛飲だけをしていたい人、その間の人と、さまざまな形でEOSに関わる人が出てきた。講師の方の数も増える一方で、講師制度の趣旨の理解や資質が不十分な方も増えてきた。そこで、それまでの制度の問題を解消する新たな制度を模索したのだ。

そうして生まれたのが現在のEOS-BP制度である。EOSの企業理念に共鳴し、事業を共に創るという同じ気概を持つビジネスのパートナーとして自ら手を挙げた人を、新しいリーダーとして認定する制度だ。そのため、実績だけではなく、グループの垣根を越えて、会員の活動を活性化する役割と責任を負っていただける方々をEOS-BP(ビジネスパートナー)として認定することを決めた。

そして、EOSと共に事業を創っていただき、そこに生まれるさまざまな役割と責任に対し、深い尊敬と感謝の意を込めて支払われるのがBPボーナスである。よく会員の方々から聞かれる、「BPは実績に対するタイトルとどう違うのか?」という質問に対しての答えがここにある。BPボーナスという報酬は、実績や権利に対してではなく、役割と責任に対してお支払いするものであったのだ。

そのため、EOS-ABP(アクティブ・ビジネスパートナー)・EOS-EBP(エグゼクティブ・ビジネスパートナー)の方々には、高い理想に向けたより責任のある振る舞いが求められ、すべての活動においてEOSの企業理念を理解し、体現していただいている存在であると位置づけてきたのだ。そんな素晴らしい会員の方々と共に、EOS自体も22万会員に対する厳しい役割と責任を負いながら、皆様と新しい時代に相応しいネットワークビジネスの創造へ向けて取り組んでいきたい。